二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

二日酔いは頭痛や吐き気、倦怠感など翌日まで
つらい症状が残ってしまいます。

 

そのため皆さんお酒の席の前にウコンなどを積極的に飲んで
二日酔いが出ないように対処されています。

 

 

そんな二日酔いにラムネが良いというのは本当でしょうか。

 

 

二日酔いのラムネの効果について解説させて頂きます。

 

 

 

トップへもどる

二日酔いにラムネは効くの?調べてみました!

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

お酒が好きな方は毎日飲まれていますが
体調や飲酒の量によって翌日に二日酔いでダウンしてしまった
経験をお持ちの方も多いと思います。

 

 

日本人は外国の方と比べてアルコールが肝臓で分解された
アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが弱い方が多く、
二日酔いが悩みの種という方が少なくありません。

 

 

そんな方に最近注目されているのが
二日酔い対策にラムネを食べる事です。

 

 

二日酔い時にラムネを食べる事で頭がすっきりして
倦怠感や頭痛が治まったという方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

また二日酔い時にラムネを食べる有効性は医学的な根拠は確認されていませんが
お医者さんもラムネ含まれているぶどう糖
二日酔い対策に働いている可能性が高いと指摘されています。

 

 

これは肝臓が大量のアルコールを分解していると
肝臓のもうひとつの働きであるブドウ糖の生成が抑制され
血糖値が下がってしまうからです。

 

 

低血糖になると倦怠感や頭痛といった二日酔いの症状が表れます。

 

 

そのため血糖値が下がった分をラムネで補給してあげるのは
意外と理にかなっているのです。

 

 

ただ、すでにご紹介させて頂いた通り二日酔いにラムネが良いという
医学的な根拠はありません。

 

 

 

また二日酔いの原因といわれるアセトアルデヒドが酵素によって
分解されず残ってしまった場合にも効果は期待できないと思います。

 

 

あくまでアルコールの分解に忙しい肝臓のブドウ糖の生成サポートに
ラムネのブドウ糖が良いのではないかというお話となっています。

 

 

 

トップへもどる

二日酔い時にラムネを食べるタイミングは?

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

二日酔い時にラムネを食べる事で
肝臓のブドウ糖を生成する働きをサポートしてくれます。

 

 

肝臓がアルコールを分解する働きに忙しくなると
ブドウ糖の生成が抑制され低血糖に近い症状が出てしまうのです。

 

 

現にラムネ菓子を販売している森永ではお酒の席が増える時期になると
ラムネの売り上げが増える事が確認されています。

 

 

また森永ではあまり売り上げは良くなかったようですが
過去に「ラムネのチカラ」という大人向けのラムネ商品を
販売していた事もあったようです。

 

 

 

そんな二日酔い対策にラムネを食べるタイミング
特に気にする必要は無いようです。

 

 

ブドウ糖は吸収しやすいという事もあるようですが
二日酔いになってしまってからラムネを食べても問題はありません。

 

 

また二日酔い対策にお酒の席で定期的にラムネをかじるのも
良い方法となっています。

 

 

ただ、お酒の席でラムネをかじるのはおつまみに合わないので微妙です。

 

 

とはいえ、二日酔いは避けたいというのも本音です。

 

 

二日酔い対策にラムネを食べるのはどのタイミングでも良いですが
お酒の席にラムネはあまり合わない、というのはデメリットですね。

 

 

 

 

トップへもどる

二日酔い時に食べるラムネの量は?何粒が良いの?

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

二日酔い対策にラムネを食べる事で低血糖の症状である
倦怠感や頭痛対策のサポートが期待できます。

 

 

またラムネを食べるタイミングもいつでも良く
お酒を残したくない方は前日に食べるのが良いと思います。

 

 

そんな二日酔い時に食べるラムネの量はどの程度が良いのでしょうか。

 

 

一般的に低血糖となる場合に非常薬としてブドウ糖は
2.5gが内容量となっています。

 

 

森永の一番ポピュラーなら80円のラムネ菓子では
大体8粒に相当する量となっています。

 

 

 

そのためアルコールからくる低血糖の場合は
森永のラムネ菓子の場合は8粒以上の摂取がおすすめとなります。

 

 

吐き気を伴っている場合はラムネ菓子を食べるのもたいへんですが
頭痛や倦怠感対策に食べる場合は覚えておいてくださいね。

 

 

 

トップへもどる

二日酔い時にラムネを食べる際の注意点は?

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

二日酔いの倦怠感や頭痛が気になる場合に
ラムネ菓子のブドウ糖がおすすめだとご紹介させて頂きました。

 

 

また二日酔い時にラムネを食べる量はブドウ糖が2.5g以上を基準に
食べるのが良いと思います。
※森永のラムネ菓子の場合は8粒で2.5g

 

 

しかしそんな二日酔い時にラムネを食べる際の注意点がふたつあります。

 

 

 

二日酔い対策にラムネを食べる際の注意点
  • ブドウ糖が使用されているラムネ菓子を使う
  • ラムネ菓子の過剰摂取に注意

 

 

 

二日酔い対策にラムネ菓子を使用する際の注意点のひとつ目は
しっかりとブドウ糖が使用されたラムネ菓子を使用する事です。

 

 

森永のラムネ菓子の主成分は80%がブドウ糖となっており
商品選びに迷った時は80円で販売されている森永のラムネで間違いありません。

 

 

しかし最近それ以外の商品ではコーンスターチと砂糖で作られている
ラムネ菓子もあるので成分表の一番最初にブドウ糖
記載されている商品を購入するのがポイントとなります。

 

 

砂糖はブドウ糖と果糖が結合した物質となるので
身体の中でブドウ糖に分解する働きが必要となります。

 

 

そのため適当なラムネ菓子を購入してしまうと
効果の実感まで時間がかかる事が考えられます。

 

 

 

そしてふたつ目の注意点がラムネ菓子の過剰摂取です。

 

 

ブドウ糖は血液中の血糖値を上昇させる働きがあり
糖尿病などが気になる方は過剰摂取に注意が必要です。

 

 

特にお酒の席が続くからといって毎回2本、3本とラムネを食べていたら
血糖値が高くなってしまいます。

 

 

そのため血糖値が気になる方はラムネ菓子の代わりに
肝臓の働きをサポートしてくれる別の健康食品などがおすすめとなります。

 

 

オルニチンや肝臓エキスなどが配合された健康食品なら
ラムネ菓子のように血糖値の上昇を気にする必要はありません。

 

 

 

また肝臓の働きをサポートしてくれるので肝臓数値が気になる方にも
ラムネ菓子よりも断然おすすめとなります。

 

 

 

二日酔い対策にラムネ菓子を検討されている方は
商品選びと食べ過ぎにご注意くださいね。

 

 

 

 


二日酔い対策、肝臓サポートにおすすめのサプリはこれ!



 

 

 

トップへもどる

二日酔いにラムネ以外の甘いお菓子は効くの?

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

二日酔い対策にラムネの含まれるブドウ糖は
肝臓のブドウ糖を作り出す働きをサポートしてくれます。

 

 

そんな二日酔い対策にラムネ以外の甘いお菓子は有効なのでしょうか。

 

 

 

いきなり結論から書かせて頂きますとラムネ菓子以外

 

二日酔い対策に使用できるお菓子は思いつきません。

 

 

がお答えとなります。

 

 

 

ラムネ菓子はブドウ糖が二日酔いのサポートに
有効だと考えられています。

 

 

それ以外の甘いお菓子の場合は砂糖や果糖で製造されており
身体の中でブドウ糖に分解されるまで時間がかかってしまいます。

 

 

また飲み物のラムネはお菓子と同じ名前となっていますが
こちらも砂糖で味付けされている事が多いので二日酔いに
あまり効果が期待できない事がわかります。

 

※水分補給という意味では効果は0ではないと思います。

 

 

 

二日酔いにラムネ菓子が効くのではなく
あくまでブドウ糖が重要となっています。

 

 

 

トップへもどる

二日酔い時のラムネは吐き気にも効くの?

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

お酒の飲みすぎで引き起こされる低血糖にラムネ菓子は
ブドウ糖の働きで血糖値を上昇させてくれます。

 

 

 

そんなラムネ菓子は二日酔いの吐き気にも期待できるのでしょうか。

 

 

二日酔い対策にラムネを愛用されている方の口コミを見てみると
吐き気もおさまってきたという報告がたくさん見つかります。

 

 

そのため二日酔い(低血糖)からくる吐き気対策にラムネは
ある程度の働きが期待できる事がわかります。

 

 

しかしそれは飲み過ぎによる低血糖対策として
ブドウ糖が有効の場合のみとなっています。

 

 

 

つまりお酒などの暴飲暴食が原因となり
胃が荒れている場合に引き起こされる吐き気には効果はありません。

 

 

ラムネが二日酔い対策に有効だといわれているのは
低血糖からくる吐き気や頭痛、倦怠感のサポートとなります。

 

 

 

トップへもどる

二日酔い対策にラムネは効くの?のまとめ!

 

二日酔いにラムネが効くの!?利用方法と注意点のご紹介!

 

 

  • 二日酔いのラムネの有効性は確認されていない
  • 二日酔い対策にラムネのブドウ糖が有効だと考えられている
  • 肝臓はアルコール分解だけでなくブドウ糖の生成の働きもある
  • 低血糖になる頭痛や倦怠感などが出てくる
  • 二日酔い対策のラムネはブドウ糖が主成分の商品がおすすめ
  • ラムネを食べすぎた場合は血糖値に注意が必要
  • 血糖値が気になる方は素直に二日酔い対策商品がおすすめ

 

 

 

 

二日酔い対策にラムネが効果的だという医学的根拠は確認されていません。

 

 

一般的に二日酔いの原因は肝臓でアルコールがアセトアルデヒドに分解され
そのアセトアルデヒドが翌日まで体内に残ってしまう事だと言われています。

 

 

またアルコールの分解に肝臓が働く事でブドウ糖の生成が抑えられ
頭痛や倦怠感といった低血糖の症状が出てしまいます。

 

 

そんなお酒の飲みすぎからくる低血糖の症状
ラムネが有効となるのです。

 

 

肝臓はアルコールの分解だけでなく
エネルギー源となるブドウ糖の生成も行ってくれます。

 

 

 

そんな肝臓の働きをラムネを摂る事でサポートする事ができるのです。

 

 

 

ラムネで二日酔い対策を検討されている方は確実ではありませんが
効果を実感できる場合もあると覚えておいてくださいね。

 

 

 


二日酔い対策、肝臓サポートにおすすめのサプリはこれ!